短冊アキの見返しを間違えた

後ろアキだったワンピースを無理矢理前あきにするにあたって、どういう形で開けたらかわいいかなーと考えた結果、太目の短冊アキにしたのだけど、失敗。

短冊アキの仕組みをきちんと理解していないのに、見返しと短冊を続けた型紙を作るのが無謀だった。

表側から見るとちゃんと短冊が出来てるっぽいんだけどな。
(見返しのステッチがずれてるのも残念ポイントではあるのだけど)
短冊アキにスナップ
裏がひどいのです。
失敗した短冊アキ




短冊の後ろ側の存在をすっかり忘れて、出来上がり線で折り返した所から見返しにしちゃった結果、短冊と見頃を縫い合わせた所の縫い代が隠しきれない事態に。

短冊の下側の余りを折りあげてまつる、という方向で隠そうと思ったのだけど、が隠しきれなかった。

こういう間違いって、気付いた瞬間にモチベーションがだだ下がりするね。

裏側は、他の人からはそうは見えないけど、キレイな裏がいいなあと思う。
今回は、バイヤスで包む、という方策をとったのだけど、まっすぐミシンを掛けられないので、なんとなく汚い。
↓は脇とか袖ぐりあたりの残念な縫い代始末。
縫い代のバイヤス+ステッチ
縫い代がぱたぱたすると洗濯強度も下がりそう、という事でステッチ掛けまくりなのですが、ステッチ多用するとどんどんカジュアルに。

ミセスらしいお上品なお洋服作りはもう少し修行が必要なのはわかる。

まずは、着心地の面からも裏地の付け方を習得するべきなんだろうなあ、と思うのだけど、お洗濯の事を考えると躊躇するのです。
キュプラとかベンベルグってお洗濯でくちゃくちゃになるのが残念すぎ。

毎回アイロンかけるのやだしなー。
ポリ入りの薄いブロードとかならいいかな。
どうかしら。

0 件のコメント :

Topへ