MA-1風ブルゾンが出来た

GWのレジャーの一つ、お裁縫まつりで完成させた裏なしのブルゾンです。
8OZストレッチデニムで、一重のくせに意外と重いです。
ストレッチする意味はあまりない、ゆったりシルエット。
ストレッチデニムのブルゾン

パターンは、ミセスのスタイルブック2017年春号
「もっと素敵に!ジャケットスタイル」というジャケットがいっぱいコーナーから、
簡単そうなものを選んでみた。

MA-1タイプ、とあるのだけど、ポケットとかかわいいから、まあ普通のブルゾン。
ポリエステルタフタのお手本の説明文には甘辛ミックスのコーディネートが素敵、とあるけど、デニムで作ったので、超カジュアル。
ミセスのスタイルブックからブルゾン

材料とか用尺とか副資材

材料は、本体が8オンスストレッチデニム(ブラック) 1.35m幅のが1.5m
衿とかリブに、TOP杢 MIX 30/スパンテレコ リブニット 44センチ幅の輪になってるのを32cm
50センチのオープンファスナー
地縫いがシャッペスパン#60、ステッチが#30、針は#16
接着芯
縁取りバイヤステープ
ポケットの裏にブロードちょっと

今回のテーマ

「オープンファスナーを使ってみたい」
「外に着ていける何かが早急に必要」 の2つが今回のテーマ。

裏地付きに挑戦するには時間がなく、でも何か新しい事がしたくてオープンファスナー。
で、お外に着ていける程度に丁寧に作りたかったのです。
丁寧に作業する事で、上達するのではないか、という希望も込めてみた。

ほんと、もう少し早く取りかかって、出来上がっちゃってる予定だったのにな。
太って原型が使えくなってるなんて知らなかった。

暖かくなって、ウールのコートが着られなくなって、スプリングコートが去年からサイズアウトしてて、ちょっと肌寒い時期に外に着ていけるモノがなかったのです。

困ったらお着物にすればいいや、と思いつつ、
気が付いたら、ちゃんとしたお出かけはなかったので、もしかしたら、スプリングコートっていらないんじゃないか。

カーディガンもいらない、今年初の夏日も過ぎた訳で、出来上がったブルゾンは、秋までしまっておく事になりました。


細かい部分を振り返ってみる

初めてのデニム生地と、2回目のリブニット。
扱いが良くわからないのだけど、まあ、それなりにキレイに出来たと思うのです。

カーテン作った時にも思ったのだけど、またも折ってアイロンで跡というか折り癖が付かない生地だったので、細かくしつけしてからミシンする事に。
そのおかげであまりずれずにキレイにできたけど、厚目の生地って結構疲れるのね。

厚目、といえば大変だったのは、ポケットのギャザー。
引っぱっても引っぱっても動かなくて、ちびちびギャザーを寄せてきました。
デニムにギャザーは結構大変だったけど、かわいいので頑張った甲斐があったかも。

衿は伸ばして付ける、と指示があるだけだったのでざっくりやってみたところ、いい感じになんとなく出来た。これもしつけを超細かくしたので、その成果かも。
ちょっと衿には薄いリブニットだったけど、杢調の色がかわいいです。単色だけより、子供っぽさが少なくていい感じ。
ポケットと襟元のアップ
それにしても、8オンスのデニムへのステッチは四苦八苦。
一番苦労したのが、裾からちょっとの開きの所で持ち出しがある側。
リブ部分とくっつてるデニム部分(裾で二つ折り)と、見返しと表と持ち出し(表と裏の2枚)とファスナーが重なってる。

縫い代を削りまくったけど、それでも結構な厚みだし、ファスナーも固いしで、ミシンがピーって止まる事数回。
一針ずつ無理矢理ステッチしたけど、厚い部分がファスナーの方に少し張り出して、ファスナーの開閉で少し引っかかる。。。のがちょっと心残り。

あと、やっぱり裏というか縫い代の処理は難しいなと。
どうするのが正解なのかな。
裏地を付けると全部隠せるからそれがいいんだろうけど、精密に縫ったり切ったりするのがまだ出来ないので、つじつまが合わなくなっちゃいそうでこわい。
縫い代の始末とか裏の処理
見返しとか、持ち出しの裏とか、少し控えたつもりが毛抜き合わせになったりするし、厚い生地の時って、色々大変なんだなー。
高い生地で失敗したらイヤだから、まだ暫くは安い生地で色々練習しなくっちゃ。

という事で、普通っぽく普通の服が出来たように思うのですが、普通すぎるので何かしてみたい。
まずはワッペンを乗っけて妄想してみた所↓
ワッペンを付けてみたい妄想
ユニクロのワッペンなのだけど、お洗濯したらダメになっちゃうかな、とか思ったらちょっともったいないなーと躊躇してしまう。
しまっておくだけ、というのもどうかと思うので使ってみたいのだけど、センスが問われるようで、うーん、と悩んでお道具箱にしまう、を繰り返しているのです。




0 件のコメント :


Topへ