濃い色の生地へのしるしつけ

旦那様がワインレッドのチノパンを買ったので、裾上げを頼まれました。
真っ赤なミシン糸はあるけれど、この色にぴったりの糸はない。

お店におズボン持っていくのは荷物なので、切れ端作らないと、という事で、まずはほどいて、裾を切り落とすのにしるしつけ↓
チャコナーとアイロンチャコペン
右側の切り落とす目印の線は、チャコナーでしるしつけ。
裾上げの出来上がり線はアイロンチャコペン(白)

アイロンチャコペンは、濃い色の布用のホワイトマーカー。
ペン先はボールペンで、書いてちょっと待つと書いた所が白く浮き上がってくるので、書けたか書けてないか気になってぐりぐりしちゃったりするし、意外と線が太くてあまり好きではないのです。
アイロンやお水で消えます。

チャコナーはお粉が飛び散るのだけど、素早く印付けできるからお気に入り。
だーーーーっと使うと、お粉が飛び散って布が汚れるのでちょっとだけ使います。
チャコナーの印のあたりの色が薄い感じの部分は最初の折り目の線です。

大昔、服飾専門学校にチケット制で和裁を習いに行った時の先生がチャコナーオススメの先生だったのです。
その先生に習ったのは、白い生地に白いチャコナーでしるしをつけて、コテで押さえる方法。コテでしるしする前の目印に少しだけ使うのです。




チャコナーはお粉がケースの中に入っててます。
写真の黄色い矢印部分の歯車からお粉が出てくるしくみ。
チャコナーの粉が出てくるところ
固形のチャコのように削らなくてもずっと細い線が書ける。
けど、汚れやすいのと、お粉の定着性がものすごく悪い。
しばらく残ってて欲しい時には、チャコペーパーとかの方が便利。

今回は切り落とすから、すぐ取れちゃっても構わないし、お洗濯できるから汚れても大丈夫。チャコペーパーを出すより早いし、アイロンチャコペンより早い。

それでも、ペンのように書ける、ってだけで素晴らしいんだけどね。
すぐ線が出てこないのはイライラするけど、
時間が経ったら消えちゃうのよりは使いやすいと思うし。
色が薄い時はフリクションボールペンでいいんだけど。


という事で、裾の切れ端を持ってユザワヤにおでかけです。
このおズボン色の糸を買って、裾上げ分だけに使うのはもったいないので、この糸でちょうど縫える生地も買おう。在庫減らそう祭り中なんだけど、せっかくだし。
何を作るか考えてないけど、おそろいになっちゃうのは困るのでおズボン以外の何か。
3mくらいでいいかな。




0 件のコメント :


Topへ