Books

いろいろ作るにあたって買った本各種

ネットで調べるだけでも、初心者が色々する事ができる便利な世の中ではあるのですが、やっぱり手元にも本が欲しい気がします。
それぞれの事例はネットで調べるとして、基本がひとまとめになっていて、気になった時にぱっと見たり、作業中に手元にあると便利だなーと思った本をご紹介。

手芸関係の本は、ネット通販より店頭でぱらぱら見てからの方が、自分に合っているかどうか分かるように思います。
本屋さんだけでなく、ユザワヤやオカダヤなどの大きめ手芸店の書籍コーナーもいい感じです。

型紙作成の参考書

誌上パターン塾 vol.1 トップ編 (文化出版局MOOKシリーズ)
各サイズの原型があるので、トレースするだけで簡単に自分サイズの上着の原型が作れます。製図の説明もあります。
出来た原型から展開して、自分デザインのお洋服が作れますが、原型を体に合わせて補正する事についての説明はほとんどないので、そこは別途調べる必要があります。
誌上パターン塾 vol.2 スカート編 (文化出版局MOOKシリーズ)
トップ編と同じく、トレースするだけで簡単に自分サイズのスカートが作れますし、トレースではなく製図しての作成も可能です。
原型スカートを元に、フレアーとか色々なスカートが作れます。ファスナーの付け方とか、開きの説明とかもあって便利ですが、こちらも、補正については書いてありません。

縫い方の参考書

いちばんわかりやすい ミシンの基礎BOOK
一冊は基礎の本が何かあると便利なので、読みやすいものを何か、とチョイス。
色々なメーカーのミシンがあるので、自分のミシンと同じメーカーのものを使っている基礎本だとわかりやすいです。
この本は型紙もついているし、型紙なしで作れるものも載ってます。
工夫されたあきの縫い方 (合理的なテクニックを写真で学ぶ)
部分縫いがいまいち知らない事が多すぎるので、何か分かりやすそうなモノを、という事でチョイス。
写真が沢山で親切に解説してあります。裏地がある時のファスナーの付け方とかも便利そう。ミシンで手早く上手に縫う方法も書いてあって素敵です。

0 件のコメント :


Topへ